30代女性:腰痛

来院動機

2週間前から長時間座っていると腰に痛みを感じるようになったため来院。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

最近、長時間座って仕事をする時間が増えたため。

どのような時に痛みが出るか

前屈みの姿勢でズンとした痛みが強く出る。

身体所見と治療、経過

初回治療

まず、腰痛の原因を調べるため写真による姿勢分析を実施した。骨盤の後傾が強く見られたため、骨盤矯正をした。
また、腰部全体的にハリ感があったため、MPF療法(手技)をして腰周りの筋肉の緊張を取った。

7回目

腰の痛み自体はかなり軽減した。引き続き骨盤矯正で姿勢の改善を図るとともに、日常生活でも正しい姿勢を体に覚えさせるためにテーピングを貼った。
また、自宅で出来る簡単な腰痛用の体操の指導をした。

10回目

日常生活での痛みはほぼない。身体の歪みはまだ完全に取れてはいないため引き続き骨盤矯正を続けていく。
また、体操の方は随時チェックをして正しい動きを指導していく。
最終的には再発しにくい身体を作り、セルフケアで痛みがでない習慣を身に付けてもらう。

患者様のコメント

治療を重ねていくごとに、腰の痛みがどんどんなくなっていき、今ではほとんど痛みの方は感じません。また、身体の歪みがあるため正しい姿勢を身につけるために通院しようと思います。
家での体操などのセルフケアも指導していただいたのでとても助かっています。

今後もまた痛くならないように姿勢やケアを意識して生活していきます!

担当の先生のコメント

腰痛の原因は姿勢の悪さからくる骨格の歪みや筋肉の緊張から痛みが出現することが多いです。
骨格の歪みや筋肉の緊張を放置してしまいますとやがて、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアといった重篤な手術が必要となる症状に移行する恐れがあります。
今後も正しい姿勢をたもつ意識を忘れず、痛みがでない身体を維持できるように一緒に頑張っていきましょう!

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事